新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施に当たっての改正(1/13)

厚労省は、「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)」における上限額等の取扱いについて、感染症患者の受入病床が逼迫する中で、都道府県の確保病床の選択肢を広げる観点から改正を行った。改正点は、都道府県から新型コロナウイルス感染症患者を受入病床として割り当てられた「療養病床」については、令和3年1月13日から、「一般病床」とみなして、病床確保料の対象とすることを可能とする。療養病床を「休止病床」とする場合の病床確保料の上限額は1床当たり 16,000 円/日とするとしている。

関連通知:新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施に当たっての取扱いについて(厚労省)
https://www.mhlw.go.jp/content/000718823.pdf

提携:MICTコンサルティング

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-1-16

    セコムのセキュリティ技術を詰め込んだ 日本初のクラウド型電子カルテ

    2001年にサービスを開始した電子カルテ「セコム・ユビキタス電子カルテ(※以降「ユビキタス」と表記)…
  2. 2022-12-16

    大阪を中心に全国の医療機関をサポートする医療特化の税理士法人「日本クレアス」

    日本クレアス税理士法人大阪本部は、顧客の80%以上が医療・福祉分野に携わっており、医療に精通した税務…
  3. 2022-12-5

    医療機関の受付・診察業務効率を大幅に改善するWeb問診システム「Symview」

    株式会社レイヤードが展開するWEB問診「Symview(シムビュー)」。 ユーザーとの強い関係性を…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る