厚労省が、第3次補正予算の概要を公表(1/28)

厚労省は、1月28日の国会で成立した「第3次補正予算」について厚労省分の概要をホームページで公表した。今回提示された案はそのまま可決・成立したことになる。厚労省が確保した総額予算は4兆7330億円。今後、これまでの流れに沿えば各都道府県より詳細が通知される予定。

<ポイント>「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策」に2兆5484億円を確保
(内訳)
・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金による支援 1兆1763億円
交付金を増額し、引き続き、都道府県が地域の実情に応じて行う、重点医療機関等の病床確保や軽症者の宿泊療養施設の確保、外国人対応の充実などを支援し、医療提供体制等の強化を図る。
・診療・検査医療機関の感染拡大防止等の支援 212億円
感染拡大の影響を踏まえた緊急的臨時的な対応として、診療・検査医療機関における感染拡大防止等の支援を行う。
・医療機関・薬局等の感染拡大防止等の支援 858億円
感染拡大の影響を踏まえた緊急的臨時的な対応として、歯科を含む保険医療機関・保険薬局・指定訪問看護事業者・助産所における感染拡大防止等の支援を行う。
・小児科等への支援や新型コロナウイルス感染症からの回復患者の転院支援に係る診療報酬上の特例的な対応 71億円
未就学児の外来患者の感染防止に要する対応を評価する観点から、診療報酬の特例的な評価を行う。また、新型コロナウイルス感染症から回復した後、引き続き入院管理が必要な患者を受け入れる医療機関において、必要な感染予防策を講じる場合の診療報酬の特例的な評価を行う。
・ 新型コロナウイルスワクチンの接種体制の整備・接種の実施 5798億円
新型コロナウイルスワクチンが開発され、有効性及び安全性が確認された際、遅滞なく希望する国民がワクチン接種を受けられるよう、迅速かつ円滑な接種に向けた体制整備を図る。また、ワクチン接種に必要なシリンジ・注射針を確保し、医療機関等へ供給する。

関連通知:
令和2年度厚生労働省第三次補正予算案のポイント
https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/20hosei/dl/20201214_01.pdf
令和2年度厚生労働省第三次補正予算案の概要
https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/20hosei/dl/20201214_02.pdf
令和2年度厚生労働省第三次補正予算案(参考資料)ー新型コロナウイルス感染症の拡大防止策-
https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/20hosei/dl/20201221_01.pdf

提携:MICTコンサルティング

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-10-3

    クリニック承継 買手の留意点 / 日本クレアス税理士法人 上田久之

    日本クレアス税理士法人、上田様にクリニックの事業承継における買手の留意点についてお話をお伺いしました…
  2. 2022-9-30

    【10/12(水)】患者が集まる「地域のかかりつけ医」戦略

    今夏、コロナ感染第7波により医療機関の診療業務はひっ迫し、医療者・患者どちらにも大きな混乱が生じまし…
  3. 2022-9-12

    開業後も伸び続けるクリニックのカギは院長の経営意識 / 湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信

    湯沢会計事務所、代表税理士湯沢様に開業医が知っておくべき経営のポイントをお聞きしました。 湯沢様に…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る