クリニック、医院、薬局経営者必読!磐石の経営基盤を築くための専門書が発売

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(東京都渋谷区)は、『医業経営力 一段上を目指す拡大戦略から悔いのない承継まで』(鈴木尚之 著)を2019年4月15日に発売した。

医業経営のルールは180度変わった。診療報酬改定や少子高齢化の中で問われる「医業経営力」を解説

病院、診療所、調剤薬局などの「医業」は、人々の健康と命に関わる公共性の高いサービスであり、時代を問わず必要とされているもの。しかし、少子高齢化と人口減少が進み、政府の財政赤字が拡大する中、医療や介護の効率化とコスト抑制を社会全体から要請されているのも事実。求められる医療サービスなどが変化していることなども重なり、医業経営のルールは180度変わったといってもいい状況だ。
本書では、「2025年問題」を中心とした医療界を取り巻く現状と今後の展望や、「医経分離」で経営効率を最大化する手法を取り上げる。
また、近年急増している医療機関の清算・廃業を避けるための対策に焦点を当て、さらに「医経分離」によって経営拡大や事業承継等に成功した事例についても紹介。「医業経営力」が問われるこれからの時代に、医療機関や調剤薬局、介護施設の経営をどのように実践していけばいいか、わかりやすくまとめた1冊となっている。

【書籍情報】
書 名:『医業経営力』
著 者:鈴木 尚之(スズキ ナオユキ)
発売日:2019年4月15日
定 価:1,500円(税抜)
体 裁:四六版・並製/200ぺージ
ISBN :978-4-344-92173-3

【目次】
第1章 医療界を取り巻く現状と今後の展望
第2章 必ず直面する「経営の難局」をどう乗り越えるか
第3章 法人拡大を目指す医業経営戦略のデザイン
第4章 アウトソーシングによる「医経分離」で経営効率を最大化する手法
第5章 引退を検討する場合にやるべきこと
第6章 拡大から承継まで 成功ケースに学ぶ
おわりに

【著者プロフィール】
鈴木 尚之(スズキ ナオユキ)
公認会計士。1969年東京生まれ。1993年早稲田大学教育学部卒業後、中央監査法人(現PwC 有限責任あらた監査法人)入所。
会計士としてキャリアを積んだのち数社を経て、2012年にCBホールディングス(旧キャリアブレイン)入社。2015年に代表取締役就任、現在に至る。
20年以上にわたってM&Aアドバイザーをはじめとした企業の経営支援に従事し、CBホールディングスにおいてはM&A支援事業を立ち上げ、主格の事業に押し上げた。
開業、採用、宣伝広報、M&A、事業再生、新規事業立案などの各分野で医業(病院、クリニック、薬局等)・介護のトータルサポートを手がける同社グループを率いて活躍中。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-11-15

    2023年1月より運用開始「電子処方箋の取組状況」 / 厚生労働省 伊藤 建

    厚生労働省医薬 生活衛生局総務課、伊藤様に2023年1月より運用開始となる電子処方箋の取組状況につい…
  2. 2022-11-7

    使いやすさにこだわりUI・デザインの改善を続けるWEB予約・問診システム「アポクル」

    2018年にサービス提供を開始したクリニック向けWEB予約・問診システム「アポクル」。導入した医療機…
  3. 2022-10-31

    アフターコロナの社会でクリニックに求められること / ドクター総合支援センター 近藤 隆二

    ドクター総合支援センター 近藤 隆二 様にアフターコロナの社会でクリニックに求められることについてお…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る