看護師辞めたい。60%以上が退職を検討している結果に。「看護師の退職動機に関するアンケート」結果発表

日本労働調査組合(所在地:東京都足立区、執行委員長:安達 雄也)は、看護師の退職動機に関するイマを調査するため、全国の20~49歳で看護師の男女536名を対象に「看護師の退職動機に関するアンケート」を実施。「退職を検討している」と回答した人は全体が60.6%、「実際に転職活動を行っている」と回答した人は24.3%だった。

・調査結果トピックス
1. 「退職を検討している」と回答したのは60.6%
2.辞めたくなった理由の第1位は「給与・待遇不満」、第2位は「精神的に辛い」
3.看護師で良かったことの第1位は「雇用の安定」、看護師で辛かったことの第1位は「責任の重さ」

1.「退職を検討している」と回答したのは60.6%

「看護師をしていて辞めたくなった理由を教えてください」という質問には、「ある:コロナウイルスの影響」が21.6%、「ある:コロナウイルスの影響とは別の理由」が39.0%、「ない」が39.4%の結果となった。今年3月に実施した医療従事者を対象とした調査で「退職を検討している」と回答したのは33.5%だったが、看護師に限定した本調査では倍近い60.6%で、看護師の過酷な労働環境が伺い知れる。

年代別比率は、「ある:コロナウイルスの影響」と回答した「20代」が22.2%、「30代」が24.2%、「40代」が18.5%、「ある:コロナウイルスの影響とは別の理由」と回答した「20代」が42.2%、「30代」が36.0%、「40代」が38.8%、「ない」と回答した「20代」が35.6%、「30代」が39.9%、「40代」が42.7%だった。年代が上がるにつれて退職意向は低くなる傾向が出ている。退職の理由では「コロナウイルスの影響」が30代で24.2%と一番高い回答結果であった。

また「現在、転職活動をしていますか?」という質問には、「はい」が24.3%、「いいえ」が75.7%だった。6割が退職を検討しているものの、実際に転職活動をしているのは24.3%にとどまっていて、激務の環境での転職活動が難しい様子が伺い知れる。

2.辞めたくなった理由の第1位は「給与・待遇不満」、第2位は「精神的に辛い」

「看護師をしていて辞めたくなった理由を教えてください」という質問には、第1位が「給与・待遇不満」で49.3%、第2位が「精神的に辛い」で43.3%、第3位が「職場の人間関係」で41.6%、第4位が「ワークライフバランス」で36.9%の結果となった。今年3月に実施した医療従事者を対象とした「働き続ける場合に懸念や不安があれば教えてください」という質問では「感染リスク、対策」が1位だったが、看護師に限定した当アンケートでは7位、ワクチン接種が進んだこと、現場環境での対策など、withコロナが浸透している様子が伺い知れる。

3.看護師で良かったことの第1位は「雇用の安定」、看護師で辛かったことの第1位は「責任の重さ」

「看護師をしていて良かったと思えることを教えてください」という質問には、第1位が「雇用の安定」で51.5%、第2位が「経済的な安定」で48.5%、第3位が「社会的な信用」で34.9%、第4位が「周囲からの感謝」で28.9%の結果となった。今年3月に実施した医療従事者を対象とした調査で全体2位だった「自尊心」は10位、看護師は自己肯定感やプライドよりも、実態を伴った理由にメリットを感じている様子が伺い知れる。

「看護師をしていて辛かったことを教えてください」という質問には、第1位が「責任の重さ」で64.9%、第2位が「精神的な不安」で50.4%、第3位が「感染リスク」で47.8%、第4位が「給与・待遇不満」で46.5%の結果となった。今年3月に実施した医療従事者を対象とした調査で全体7位、8位だった「責任の重さ」「精神的な不安」が1位、2位となり、看護師現場の過酷さ、ひとりにかかる責任の重さ、それによる精神的に不安な状況が伺い知れる。

“看護師だから当たり前”ではなく命に携わる現場だからこそのリフレッシュとメンタルケアを

今回の調査結果では、看護師が退職に対してどのような意識でいるのか伺い知れる結果になった。雇用や経済的な安定、患者に直接携わる仕事にメリットを感じているものの、一方では人間関係や責任の重さから精神的な不安、給与・待遇不満やワークライフバランスにデメリットを感じている方が多くいることがわかった。病院側でも、多数の特別休暇を付与するなど一定の制度は用意しているものの、実際に現場でどこまで用意された休暇が取得出来ているのかは未知数。精神的な負担を軽減するためのメンタルケア、自身の時間を確保するためのリフレッシュ休暇の取得など、病院人事総務や現場師長が率先して誘導していくことが求められる。
看護師が長く安心して勤務を続けられる環境の醸成、人材育成、雇用改善など、「看護師だから、大変な状況だから休まず働くのが当たり前」ではなく、社会全体で制度の見直しを含めて考えていくことが必要といえる。

【調査概要】
調査名:看護師の退職動機に関するアンケート
調査対象:20~49歳の看護師536名
調査地域:全国
調査期間:2021年9月9日~2021年9日16日
調査方法:インターネット調査

本件に関するお問い合わせ先

日本労働調査組合
所在地: 東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター10階
電話番号: 03-4405-3848
URL: https://nichirou.com/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-26

    クリニックを発展させる組織づくり#6

    院長が売り上げも技術も一番でなければいけない? この連載では、組織を成長させるマネジメント方法のベ…
  2. 2021-11-24

    アフターコロナのクリニック経営#10

    #10 クリニックに上手にお金を貯める方法 Q .クリニックに上手にお金を貯めるにはどうす…
  3. 2021-11-15

    【11月22日(月)】CPA EXPO 2021-2022 オープン

    DOC TOKYO(ドックトーキョー)は、2021年11月22日(月)より、クリニック業務を効率化し…

ログイン

ページ上部へ戻る