開業希望医が3Dモデルを確認しながらクリニックづくりができる、クリニック開業パッケージ「コネクトクリニック」を発表

野原ホールディングス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:野原 弘輔)のReconext(リコネクスト)カンパニーは、2月から、関東圏でクリニックや医院(以下、総称してクリニック)の開業を希望する医師(以下、開業希望医)向けに、3Dで確認しながらクリニックづくりに主体的に参加でき、従来の開業準備期間の10%削減が見込めるクリニック開業パッケージ「コネクトクリニック」を活用した提案を開始する(モデル製作費はクリニック規模による)。

コネクトクリニックは、建材や設備の仕様と価格情報を併せ持ち仮想空間でシミュレーションできるデジタル技術を使用。建築に詳しくなくても、クリニックの完成形を立体的に確認できるほかウォークスルーで動線確認もできるので、平面図を見ながらの従来の設計打ち合わせに比べ、開業希望医も積極的にクリニック建築プロセスに参加しやすくなる。
今後、医療施設(病院)の縮小と入院日数の短縮化が進むにつれ、かかりつけ医機能の強化をはじめとして、地域完結型の医療の構築とその中心拠点としてのクリニックの重要性が増していると言われている。
コネクトクリニックは、クリニック開業を円滑に、迅速に進めるためのパッケージモデル。同社はコネクトクリニックで、開業希望医とともにクリニック開業プロセスのアップデートに挑戦し、クリニックで働く医療スタッフと来院患者の双方に優しい医療空間の実現に貢献していく。

開業希望医にとってのコネクトクリニックの利点

1.設計企画段階から、開業希望医の要望とクリニック諸室の完成イメージを具体化できる
2.諸室のレイアウトから医療機器や什器、家具の配置を3Dで分かりやすく確認できる
3.納得がいくまで最適空間のシミュレーションができ、建築費用の確認や建築業者との合意形成がしやすい
4.スタッフ・来院患者の動線も、3Dモデル内のウォークスルー体験で具体的に確認できる
5.感染症対策など開業後の急な施設見直しでも、3Dで確認・検討し、効率的で安全な空間設計が見込める

クリニック開業パッケージ「コネクトクリニック」とは

クリニックの諸室ごとに最適空間を3Dモデルにし、打合せからクリニック開業までを円滑かつ迅速に進めるためのパッケージ。以下3つの特徴を持つ。

1.合理的プラン
・デジタル技術(BIM)を活用したシミュレーションで、諸室空間(医療機器や什器、家具を含む)の配置・医療スタッフと患者の各動線を3Dでビジュアル化

2.シンプルプライス
・待合室、診察室等の諸室ごとに、正確な費用算出ができる
・予算に合わせて空間を提案

3.クリニック開業プロセスのアップデート
・コンセプト設定、設計、施工、メンテナンスまでを一気通貫でサポートし、開業準備期間の10%削減が見込める
・打ち合わせした内容が希望通りに施工に反映される

本件に関するお問い合わせ先

野原ホールディングス株式会社
所在地: 東京都新宿区新宿一丁目1番11号
電話番号: 03-3357-2231
URL: http://nohara-inc.co.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-9-12

    開業後も伸び続けるクリニックのカギは院長の経営意識 / 湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信

    湯沢会計事務所、代表税理士湯沢様に開業医が知っておくべき経営のポイントをお聞きしました。 湯沢様に…
  2. 2022-9-5

    医療現場の課題解決から始まった世界への挑戦/ ただともひろ胃腸科肛門科 理事長・株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO 多田智裕

    ただともひろ胃腸科肛門科の理事長であり、株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEOの多田智裕氏…
  3. 2022-8-22

    AI医療機器の活用で変化する医師の働き方 / 医療機器センター付属医療機器産業研究所 主任研究員 松橋 祐輝

    公的財団法人 医療機器センター付属医療機器産業研究所の主任研究員である松橋様にAI医療機器の活用や医…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る