東京都の新型コロナウイルス患者向け宿泊療養施設にAI問診票「今日の問診票」を提供開始

AI診療支援を医療機関に提供している株式会社プレシジョン(本社:東京都文京区、代表:佐藤 寿彦 (現役医師、AI研究者)、以下「プレシジョン」)は、東京都の新型コロナウイルス患者向け宿泊療養施設の支援に特化したAI問診票「『今日の問診票』 コロナ宿泊療養者版」の提供を開始した。宿泊療養施設における電子問診票の導入は日本初となる。
また、宿泊療養者および在宅療養中の患者に役立つ説明動画も2月7日からYouTube上で公開している。

今回新たに開発したプロダクトは、症状等に応じて動的に質問が変わるAI問診票『今日の問診票』の機能を、新型コロナウイルス感染症の宿泊療養施設入所者に対する問診・患者説明用にカスタマイズした「『今日の問診票』コロナ宿泊療養者版」である。
新型コロナウイルス感染症患者が急増する中、宿泊療養施設の業務に携わる看護師不足が深刻化しており、本プロダクトはこの問題を改善するもの。
今後は、提供施設を順次拡大していくとともにディープラーニングを用いた音声認識や英語などの他言語版を開発し、医療現場へのサポートをさらに進めていく予定。

『今日の問診票』 コロナ宿泊療養者版とは

『今日(こんにち)の問診票』とは、AI(人口知能)により症状等に応じて動的に質問が変わる電子問診票に、医学情報データベース「Current Decision Support(CDS)」を組み合わせた、国内初のAIを用いた本格診療支援システム。
CDSは日本を代表する著名医師2,000名の協力の元で制作・更新しており、現在3,000疾患および700病状の所見、全処方薬の情報を掲載している。現在までに大学病院の8割、全国300以上の医療機関で導入されている実績がある。

「『今日の問診票』コロナ宿泊療養者版」は、新型コロナウイルス感染症患者が宿泊療養施設に入所する際に必要となる問診に特化して、『今日の問診票』をカスタマイズしたウェブサイト。QRコードからウェブサイトにアクセスすると、療養中の体調や症状の有無、解熱薬の服用歴といった健康観察に関わる質問が表示され、患者が自分で回答を選んで入力する。回答に応じて表示される質問は30問前後で、入力にかかる時間は10分程度。

現状では、患者の健康観察と説明は看護師がすべて電話で行っており、1患者につき20~40分ほどを要する。患者数が増大し、看護師が不足している医療現場において、この業務が大きな負担となっていた。「『今日の問診票』コロナ宿泊療養者版」を使用することで、健康状態の聞き取りや、その後の登録作業にかかる時間を半分以下に減らすことができる。
入力結果により、重症化のリスクなどがルールべースAIで評価される。
患者にとっても、電話応答に比べて短時間で健康報告ができ、また、自分のペースで回答することが可能なため、より安心で安全な療養期間を過ごすことができるようになる。

・デモ問診ウェブページURL
https://u5000672.cl1.cds.ai/preMonshin/#/?mnsn=e817da296c88410

在宅療養中の患者にも役立つWEB動画を公開

『今日の問診票』 コロナ宿泊療養者版の機能では、質問の終了後に、「酸素飽和度はどうやって測るのか」、「いつ退所できるのか」といった患者の疑問に答える動画を閲覧することが可能。この動画は、プレシジョンの社長で医師の佐藤氏が監修して作成したものである。今回、在宅療養中の患者も視聴できるよう、YouTubeで公開している。

東京都ホテル療養退所の基準(1分30秒):https://youtu.be/5epootRo8Bo
酸素飽和度の測り方(1分):https://youtu.be/PVzj7nGlXGs

看護師の社員が実際に宿泊療養施設の業務を経験、運用フローにあわせて開発

『今日の問診票』コロナ宿泊療養者版は、第6波の到来に備え、2021年10月からカスタマイズの準備を開始した。設計にあたっては、プレシジョンに所属する医師と看護師が新型コロナウイルスの診療にあたる医療現場の業務フローを丁寧に聞き取り、看護師として宿泊療養施設で実際に働くことによって、現場に即した運用フローを作り込んだ。
2022年1月27日からテスト運用を開始した結果、現場の看護師から高評価を得、その成功を受けて2つの宿泊療養施設で2月7日から本格運用することになった。作成された問診結果は、宿泊療養施設などで健康観察の管理共有のプラットフォームとして既に活用されている日本光電の医療介護ネットワークシステム LAVITA LAV-1000と連携し、管理運用が行われる。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社プレシジョン
所在地: 東京都文京区本郷 4-2-5 MAビル7F
電話番号:03-5615-8062
URL:  http://premedi.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-5-20

    データ利活用で進む個別化医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、中外製薬株式会社 プロジェクト・ライフサイクルマネジ…
  2. 2022-4-25

    行政が目指すデジタルシフトによる医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、経済産業省 商務サービスグループ ヘルスケア産業課 …
  3. 2022-4-11

    医療AIで診療業務に専念できる環境を創出

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、医療AIプラットフォーム技術研究組合(HAIP) 専…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る