AI技術を活用しX線画像のノイズを従来処理比で最大50%低減

キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:御手洗 冨士夫、以下「キヤノン」)は、DR(Digital Radiography)方式(※1)の医療用X線デジタル撮影装置「CXDI」シリーズ専用コントロールソフトウエア(※2)で使用可能な画像処理技術として“Intelligent NR”を開発した(※3)。

キヤノンは1998年にDR方式のX線デジタル撮影装置「CXDI」シリーズの販売を開始し、その高い操作性と高画質により好評を得てきた。このたび、AI技術の一つであるディープラーニングを活用することで、これまで以上に粒状感の少ない画像生成を可能にする画像処理技術“Intelligent NR”を開発した。本技術により、医療現場における質の高い診断への貢献を目指すとともに、将来的に少ないX線量での画像生成が可能になることを期待している。

キヤノン独自のAI技術により従来処理比で最大50%(※4)のノイズ低減を実現

キヤノンはこれまでも、X線デジタル撮影におけるX線量低減に関する検討とともに、画像のノイズ低減のための取り組みを行ってきた。キヤノンの従来のノイズ低減処理はルールベース方式を採用し、X線画像におけるノイズの特徴を基に構築された一定のルールに従ってノイズを低減している。この方式ではノイズ処理性能に限界があり、撮影部位や条件によっては粒状感の改善を優先すると被写体の鮮鋭度が低下するなどの課題があった。“Intelligent NR” はディープラーニングを活用したキヤノン独自のAI技術で構成され、キヤノンが長年にわたり蓄積してきた「CXDI」シリーズの臨床画像から厳選した約3,000点のX線画像を基に、さまざまな撮影部位におけるノイズの特徴を機械学習している(※5)。これにより、従来のノイズ低減処理と比較し、必要な画像信号を維持しながら不要なノイズを効率的に除去することが可能になり、最大50%(※4)のノイズ低減を実現している。

キヤノンは今後“Intelligent NR”を「CXDI」シリーズ専用のコントロールソフトウエアのオプション機能として、全世界で提供していく。

※1:X線を蛍光体部分で可視光に変え、その光をイメージセンサーでデジタル画像化する方式。
※2:「CXDI」シリーズを用いて撮影した画像をPC等の端末に表示するためのソフトウエア(有償)。「CXDIコントロールソフトウエアV3.10」以上が“Intelligent NR”に対応。
※3:対象機種は「CXDI-710C Wireless」、「CXDI-810C Wireless」、「CXDI-410C Wireless」(いずれも2017年7月発売)。一般的名称は「X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ」。
※4:同社従来製品(CXDIコントロールソフトウエアV2.19.2)のノイズ低減処理アルゴリズム適用後のノイズ量と比較した場合。
※5:“Intelligent NR”はノイズ低減処理の設計段階でAI技術を用いており、本システム自体に自己学習機能は有していない。

本件に関するお問い合わせ先

キヤノン株式会社
所在地: 東京都大田区下丸子3-30-2
電話番号: 03-3758-2111
URL:  https://global.canon/ja/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-5-20

    データ利活用で進む個別化医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、中外製薬株式会社 プロジェクト・ライフサイクルマネジ…
  2. 2022-4-25

    行政が目指すデジタルシフトによる医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、経済産業省 商務サービスグループ ヘルスケア産業課 …
  3. 2022-4-11

    医療AIで診療業務に専念できる環境を創出

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、医療AIプラットフォーム技術研究組合(HAIP) 専…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る