「TXP Medical」、各地中核病院の医療データを診療科横断的に統合、国内初のデータベースサービスとして提供開始

TXP Medical株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:園生 智弘、以下「TXP Medical」)は、救急・集中治療領域の医療データを蓄積してきた実績を背景に、全国の中核病院における全診療科・全患者の時系列医療データを構造化したデータベースサービスの提供を開始した。本サービスは急性期をはじめ、がんや指定難病・希少疾患など、幅広い領域を対象にした臨床研究や、製薬企業における新薬上市後の評価・フォローアップなど、データを基盤とした医療の質向上へ貢献する。
本サービス内容の詳細はこちら
https://txpmedical.jp/service/medical-database

開発の背景と概要

TXP Medicalは2017年より「医療データで命を救う」というミッションのもと、急性期医療プラットフォーム「NEXT Stage ER」を全国各地の中核病院をターゲットに提供し、救命救急センターを有する大学病院セグメントでは30%以上のシェアを獲得してきた(2022年11月時点)。

当プラットフォームは、救急隊向け情報入力・情報共有支援システム「NSER mobile」と連動して患者の救急搬送時のデータ(コミュニティデータ)を蓄積するとともに、カルテテキスト、DPCデータ(医療費算定用データ)・検査値データなどとの統合を実現し、医学研究用DWH(データウェアハウス)としても用いられている。

今回、TXP Medicalは製薬企業などに向け、このDWHを使用したリアルワールドデータ解析サービスの提供を開始した。なお、高度な医療を提供する中核病院を対象に、診療科横断的に多項目のデータを標準化して提供できるサービスは国内初となる。
本サービスの提供により、急性期・がん・指定難病・希少疾患などを対象とした臨床研究、多施設共同研究などに貢献する。

TXP Medical提供医療データの特徴

臨床研究や新薬上市後のフォローアップ等に貢献できるよう、下記の特徴を有している。

・検査値データの標準化:従来は病院ごとに異なるデータレイアウトのDWHを配備していることが多く、病院を横断したデータ解析が困難だったが、その標準化により臨床研究に活用・応用しやすくなった。

・検査値項目数が250以上と充実:標準化された検査値データであっても項目数が臨床研究に十分ではないケースを改善するため、項目数を充実させた。

・中核病院にフォーカスしてデータ整備:重症疾患、ICU疾患、がん、指定難病・希少疾患などのデータを多く持つ各地の中核病院のデータを構造化した。

・データ解析のサポート体制を提供:TXP Medicalは臨床経験の豊富な医師メンバーをはじめとしたエキスパートによる良質なResearch Questionの設定と迅速なプロジェクト推進支援を行うことが可能。プロジェクト実施のための医療機関の巻き込みなども支援可能。

今後の展開

TXP Medicalはすでに製薬企業より本データベースを利用した臨床研究案件を受注し、プロジェクトを推進中。今後はさらに広く当該サービスを製薬企業に提供していくことで、リアルワールドデータを活用した臨床研究の活性化に繋げ、患者に還元可能な研究成果を創出していく。

本件に関するお問い合わせ先

TXP Medical株式会社
所在地: 東京都千代田区神田東松下町41-1 H¹O神田706
電話番号: 03-5615-8433
URL:  https://txpmedical.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-1-16

    セコムのセキュリティ技術を詰め込んだ 日本初のクラウド型電子カルテ

    2001年にサービスを開始した電子カルテ「セコム・ユビキタス電子カルテ(※以降「ユビキタス」と表記)…
  2. 2022-12-16

    大阪を中心に全国の医療機関をサポートする医療特化の税理士法人「日本クレアス」

    日本クレアス税理士法人大阪本部は、顧客の80%以上が医療・福祉分野に携わっており、医療に精通した税務…
  3. 2022-12-13

    <参加無料>「診療所マネジメントEXPO」で12/19までの入場者にAmazonギフト1万円が当たる年末年始感謝祭キャンペーンを実施!

    好評開催中の診療所マネジメントEXPOでご入場登録の感謝を込めた 年末年始感謝祭を実施する運びとな…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る